初期研修プログラムの目的

鳥取生協病院の研修理念

患者の人権を尊重し、地域医療に貢献できる医師を養成します

 

基本方針

  1. 日常診療で必要とされる基本的な診療能力(態度、技能、知識、総合的判断能力)を身につけます。

  2. 医療と社会の結びつきを理解し、すべての患者・住民に寄り添い人権をまもる、無差別・平等の医療を行う素養を身につけます。

  3. あらゆる診療場面で患者の安全を念頭に置き、医療倫理と照らし合わせながら、一人ひとりの患者の問題を多職種と共同してチームで解決する視点を身につけます。

 

 

研修病院としての役割と機能

 

基幹型臨床研修病院である鳥取生協病院が中心となり、協力型臨床研修病院及び研修協力施設と共同して、地域医療をはじめとした社会に貢献できる医師を育成するとともに、研修教育体制を提供します。

 

 

ご意見・ご感想

 当院の研修理念や基本方針、役割と機能についてのご意見・ご感想は、コチラよりお願い致します。