研修について

入職時研修では、感染予防や医療安全、看護師として必要な基本姿勢などの講義をはじめ、
看護技術においては、実践で最も緊張すると思われる、注射・採血に時間をかけ、実技研修を行います。集合研修は、研修者にとって、同期入職者と顔を合わせ、リフレッシュ場として、重要な時間と考えています。
また、入職後3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月・1年研修終了後、色々な思いを出し合い、共有し、励まし合ったり成長を認め合うなど、自由に話し合える場と時間を提供しています。

 

kensyu schedule

 

1年目研修

目 標

・看護師として自覚を持てる
・受け持ち患者さんの看護展開ができる

教育内容

1週目研修
オリエンテーション 新入職員前期研修
患者の権利章典について
民医連綱領について
接遇と看護倫理
2週目研修
  注射・与薬の技術、経管栄養・酸素吸入、吸引、エンゼルケア、BLS、医療機器
3週目研修
職場への定着  
3ヶ月研修
フィジカルアセスメント 患者さんの状態を的確に捉え、対処できるようになることを目的とします。
6ヶ月研修
看護過程 受け持ち患者の看護展開が行えるよう、看護過程の理解を深めます
9ヶ月研修 多重課題 色々なことが一度に起こっても対応できる力を身につけます
12ヶ月研修 看護リフレクション発表 受け持ち患者の看護実践をまとめ、振り返りを行い、看護師としての成長を発表します

 

2年目研修

目標

・エビデンスに基づいた看護実践ができる
・自己の看護観を深める

教育内容

前期研修 看護研究発表 受け持ち患者の看護実践から看護研究に取り組み、自己の看護観を深めます
後期研修 プリセプターの心得 プリセプターシップの基本的な考え方を理解し、プリセプティへの支援方法を学びます

 

3年目研修

目標

・チーム医療の中でリーダーシップを発揮し、自立した看護実践ができる

教育内容

前期研修 リーダーシップ リーダーの役割に関する講義を受け、職場の問題について検討します
中期研修 患者訪問 退院患者訪問をすることで、患者の疾患を労働と生活の視点で理解を深めます
後期研修 職場業務改善報告 前期研修を受けて、職場の課題に取り組んだことを交流します