看護部のご紹介

kangobu img

地域に根ざした病院として、一人ひとりが患者さんに寄り添い、心のぬくもりが伝わる看護を提供します。

 

 

Banner Nurse 1 3

 

看護部長挨拶

Kunihiro
看護部長 国広 弓江

療養の主人公は「患者さん」です。常に患者さんの思いに寄り添い支える立場で看護を提供したいと考えています。また、医師をはじめコメディカルが、それぞれの専門性を認め合いながら、チーム医療の実践を通して患者さん中心の医療に取り組んでいます。
看護という職業は、人として成長することで、看護そのものも成長していくのだと考えています。自分自身を大切に、患者さん、一緒に働く職員、全ての人を大切に思う気持ちを持ち、共に成長しあう看護部を目指しています。

看護部理念

  1. 私たちは、患者の人権を尊重します。
  2. 私たちは、組合員・患者さんとともに保健・医療・福祉のネットワークづくりをめざします。
  3. 私たちは、安全・安心・信頼の看護を提供します。
  4. 私たちは、専門職としての知識・技術を高め自己研鑽に努めます。

私たちの大切にしてるもの

important2

 

看護部パンフレット

Pamphlet
パンフレットを読む コチラ

 

事業所紹介

鳥取生協病院

Seikyo

鳥取生協病院は約60年前、1951年(昭和26年)に医療生協法のもとに、 地域の住民が出資を行い、
それを資金に全国で初めて設立された医療生協の医療機関です。
急性期医療・リハビリテーション・緩和医療の3つの柱に無差別平等の医療活動を行っています。


鹿野温泉病院

Shikano

気高地域唯一の病院として、
鳥取医療生協のセンター病院である鳥取生協病院を持ちながら、予防からリハビリ、在宅まで一貫した医療活動を展開しています。



わかさ生協診療所

Wakasa

1994年の開設以来、町内に2か所しかない医療機関の一つとして、地域に根差し、密着した医療・介護活動を行っています。
地域組合員・住民と力を合わせ、「高齢者にやさしいまちづくり」にも取り組んでいます。


せいきょう子どもクリニック

Child

鳥取医療生協(組合員41,000世帯)の運営する医療機関 の一つです。私達は「一人は万人のために、万人は一人のために」の精神にのっとり、組合員、患者、住民の皆さんと力を合わせて、すべての子どもたちが健康に、夢を持って生き生きと育つまちづくりのために活動していきます。


せいきょう歯科クリニック

Child

私たちの目指すものは、『歯科医療のあるべき姿』患者さんの人権を守りうる歯科医療です。それを、社会的条件が整備されていない中でも実際の診療場面で追求することが大切だと考えています。
2018年7月、鹿野温泉病院内に生協歯科クリニック鹿野がオープンしました。

訪問看護ステーションすずらん 

Suzuran

 医療依存度の高い方でも積極的に受入れをおこなっています。
症状変化時、急変事など医療機関と連携をとり、安心して在宅療養が継続できるよう支援しています。
また、高い専門性を持ったリハビリスタッフも配置し、質の高いリハビリテーションを提供しています。