senmu ttl

鳥取県と生協県連「包括連携協定」締結

 10月31日知事公邸で『鳥取県と鳥取県生活協同組合連合会との包括連携協定』調印式が行われました。鳥取県から平井伸治知事と各課担当者、生協県連から県生協や鳥取医療生協の役職員9名、及び報道関係者が出席しました。

 平井知事から10月21日発生した鳥取中部地震による被害状況や今後の対応のお話の後、日頃から地域や県民の安全・安心に尽力している生協だからこそ、今回の地震対応も迅速で丁寧な支援活動が展開されているとの感謝の言葉を頂きました。
 続いて松軒浩史県連会長から、6つの会員生協がそれぞれ特徴を活かした事業活動を展開し、組合員数延20万人に到達したこと、県との包括連携協定締結を契機に地産地消や環境保全活動、地域福祉や子育て支援活動もこれまで以上に力を注いでいくこと、被災者支援を継続していくことが述べられました。
 次に、県生協井上約専務から県包括連携協定に基づく連携事業内容として、県産品の開発と供給促進、防災・災害対応、環境保全活動、高齢者・障がい者支援対応、子育て支援活動、健康・食育活動の紹介、鳥取医療生協池成福已副組合長から「すこしお生活」「あいうべ体操」など“とっとり虹の健康コース”の取り組みが紹介されました。

 調印式後、知事から「全国の生協に向けて地震災害義援金を呼びかけられたことは大変ありがたい」とのコメントを頂きました。また、地震による風評被害が広がりつつある中で鳥取県の元気をアピールする取り組みへの協力要請がありました。今後、協定に関わる「連携項目」に沿った具体化と実践、次回見直しに向けた取り組みを進めていきます。

2016.10.31