senmu ttl

鳥取県議会議員と懇談会開催

鳥取県議会「福祉生活病院常任委員」との懇談会開催

12月1日「安心して暮らし続けられる地域づくり」をテーマに、福祉生活病院常任委員会委員5名の方々との懇談会が開催されました。生協県連から役員5名、県行政からくらしの安心局局長、参事、消費生活センター所長、係長、議会事務局課長補佐が同席されました。福祉生活病院常任委員会委員長による開会挨拶、生協県連会長挨拶のあと各生協から今回のテーマに絞った事業活動の報告や要望を提案しました。                         鳥取医療生協から健康増進・生活習慣改善を推進する「とっとり虹の健康コース」を、今回は県連全体で取り組み約4,000名の取り組みに広がったこと、県内2市8町と締結した「見守り活動」の状況等を報告。鳥取県生協から10月開設「くらしのサポート総合窓口」や「くらし助け合いの会」の取り組みの報告。全労済県本部から防災・減災の意識高揚に役立つ防災イベントや防災カフェ、地域防災リーダー育成のため県として「防災士講座」開設を要望。県連からは「地域包括協定」締結に向けた協力を要請しました 

意見交換では、防災・減災に役立つイベント、県内防災士の人数、また自治体・地域のくらしサポートと生協が進めるサポート活動とどうつなげるか、さらに健康コースも行政と共同した取り組みが期待できる、生協がリーダー的役割を発揮してほしい。夕食宅配事業への期待はこれから高まる、高齢者に広げてほしいなどアドバイスを頂きました。行政から行政だけでは行き届かない部分もあり、生協の垣根のない横断的事業活動と共同することが効果的との意見を頂きました。地域包括協定について、今後どう具体化を図るかがポイント、生協側から具体的情報や提案をお願いする等の意見を頂きました。

今回の懇談会では、生協が様々な事業や活動を進めていることが理解出来たので良かった等の感想を頂き、有意義な情報交換の場となりました。201512221201512222