senmu ttl

今、明るい未来を切り拓くとき! 「健康なまち・平和なまち」づくりに医療生協が役割を発揮しよう!

 鳥取医療生協の通常総代会が6月15日、さざんか会館で開催されました。毎年、定款に基づき6月に開催しますが、今年は例年と比べ次のような特徴がありました。 一つは、多くの総代本人・代理人出席があったことです。総代定数214人の内、総代本人・代理人出席が173人(81%)であり、来賓、理事・監事、職員、オブザーバーを含めると317名参加で盛会のうちに終了しました。 二つは、「事業所、支部・班の特徴的なとりくみ」で3つの支部、2つの事業所からの発表です。笑いあり、驚きあり、発見ありで、深く共感できる心をうつ発言でした。参加者の顔が輝き、明日からの事業と活動の源泉となる感動的発言でした。  三つは、「第8次長期計画」を満場一致で決定したことです。2025年を展望し、2013~2017年の長期ビジョンと計画を、1000人近い組合員・職員討議を積み重ねて確認することができました。歴史の転換点にある今日、夢とロマンをもち、情勢の前進可能性と厳しさをリアルにとらえた、地に根を張った活動が大切なときです。過去から現在を、現在から未来を、そして未来から現在を照らす視点が必要です。  健康で平和なまち、いのち輝くまち、鳥取をつくるスタートとなる総代会でした。2013.6.20
守山組合長のあいさつ ― 若桜町の米軍機飛行訓練の写真を掲げ