senmu ttl

県議会福祉生活病院常任委員会と懇談しました!

2月21日県議会開会日の会議後、福祉生活病院常任委員会の議員8名と生協県連役員7名と懇談会を開催しました。今回初めての開催です。
浜田委員長の開会挨拶に続き、松軒県連会長挨拶の後、各生協から一年間の事業活動や地域見守り活動・東日本大震災支援・夕食宅配・高齢者施設建設等の取り組み報告がありました。意見交換では「生協の認知度を高めるために県議会に協力してほしいことは何か」「組合員以外に物品を配付するなど員外利用実態はあるのか」「見守り活動や夕食宅配など県民への具体的サポート内容を聞きたい」「災害時協定はどのように活かされているのか」「飼料米の取り組み内容を聞きたい」「生協として県消費者行政への要望は何か」「公立大学への生協設立は検討されているのか」「現在の社会状況で生協として特に問題視している点は何か」等の意見・質問が出され、交流が深まりました。
 また、鳥取県生協や鳥取医療生協が行っている地域見守り活動のように、地域のつながりを活かした活動がこれから益々大切になっていくことが共通の認識となりました。
生協の事業活動や地域貢献活動、生協がめざしている課題についてもご理解頂くことが出来て有意義な情報交換の場となりました。生協より、県知事とは毎年懇談会が行われており、県議会との情報交換、意見交換の継続開催を要望しました。

2013.1.22512013.2.252